株式会社ティーハウス > (株)ティーハウスのブログ記事一覧 > 新築一戸建てのメリット・デメリットは?中古物件との違いを紹介!

新築一戸建てのメリット・デメリットは?中古物件との違いを紹介!

≪ 前へ|侵入させない!アパートや賃貸マンションのベランダ防犯対策を紹介   記事一覧   一戸建てを購入するなら知っておきたい「用途地域」とは?|次へ ≫
カテゴリ:豆知識

新築一戸建てのご購入をお考えのみなさま。

 

物件探しをしていると、新築よりも中古の方が希望条件に合う場合があり、どちらにしようか迷っている方もいらっしゃると思います。

 

新築一戸建てと中古物件は、どのような点が違うのでしょうか?

 

そこで今回は、両者の違いを比較しながら、新築一戸建てのメリット・デメリットをご紹介いたします。


新築一戸建てのメリットは最新の設備と優れた耐震性!


新築一戸建てのメリットは?


新築一戸建ての最大のメリットは、最新の設備が設置されている点です。

 

機能性の高い設備は快適に暮らせることはもちろん、耐久性にも優れているので、メンテナンス費用が安く済みます。

 

建物も最新の耐震基準に沿って建築されているので、万が一の時も被害を最小限に抑えることができます

 

また、注文住宅の場合は間取りを自由に決めることができるので、自分が作ったオリジナルのマイホームという満足感が得られるでしょう。

 

登録免許税の軽減や住宅品質確保促進法による10年間の保証など、優遇措置が適用されるのも新築一戸建てのメリットです。


新築一戸建てはメリットばかりではない?


では、中古物件と新築一戸建てはどこが違うのでしょうか?

 

まず、中古物件の最大のメリットは値段の安さです。

 

機能性や経年劣化などにより建物の価値が下がるので、新築よりも値段が下がります。

 

将来的に土地を資産として残したいと考えているのなら、建物よりも土地を重視して検討するのも良いでしょう。

 

また、中古物件は駅から近いなど立地条件に優れていることが多いです。

 

利便性の良い土地はすでに建物が建てられているので、新築は郊外にしか土地が確保できないのです。

 

物件を内覧するときも既に建物が経っていれば、実際に建物の中に入り日当たりや設備の使いやすさなどが確認できます。

 

しかし、新築は建物がまだできていないこともあるので、確認が難しい点もデメリットでしょう。

 

このように両者にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、よく見比べてより希望条件に合う物件を選ぶと良いでしょう。


まとめ


新築は綺麗で機能性が高く、購入後の維持費も抑えられるので魅力的に映りますが、立地条件や値段を考えると、新築で無くても条件に合う物件を見つけられることがあります。

 

不動産は安い買い物ではないので、メリット・デメリットを把握した上で、どちらの方がよりご自身のライフスタイルに合うかを考え、理想のマイホームを手に入れましょう!

 

私たち株式会社ティーハウスでは、尼崎市の新築一戸建て物件を取り扱っております。

 

お気軽に当社までお問い合わせください

≪ 前へ|侵入させない!アパートや賃貸マンションのベランダ防犯対策を紹介   記事一覧   一戸建てを購入するなら知っておきたい「用途地域」とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

Teramoto Takayuki 最新記事



Teramoto Takayuki

お客様にとって安心して楽しいお部屋探しができるようにお手伝い致します。言いにくい事や不安など小さな事から大きな事まで親身になってご対応致します。安心安全な不動産取引をお約束します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る