株式会社ティーハウス > (株)ティーハウスのブログ記事一覧 > 物件にあるペット可はどこまでが可能な範囲なのか?

物件にあるペット可はどこまでが可能な範囲なのか?

≪ 前へ|一戸建ての湿気対策はこれからの時期知っておきたい!   記事一覧   住宅ローンで住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法とは|次へ ≫
カテゴリ:豆知識

近年、かわいいワンちゃんやネコちゃんを飼う人が増えていますよね。

 

愛らしい姿に癒される家族同然のペットたちですが、マンションで飼っていると次に引っ越すときにペット可か不可かは重要になります。

 

そこで質問ですが、ペット可物件はどこまでの動物がOKなのかご存知ですか?

 

良識の範囲内であることはもちろん、どこまでの動物が可能なのか契約書に記載されているので、それを確認する必要があります。

 

ここではペット可、不可の物件についてご紹介しますので、ペット可物件を探している方はぜひご参考ください。



ペット可の物件で飼える動物とは?


マンションが仮にすべての動物を無条件でペット可としていたとしても、隣室や同じマンションの住民に迷惑をかける動物を飼うのは難しくなるでしょう。

 

最近ではペットの多様化もあり、どこまでペットは可能なのか判断が難しいところではあります。

 

一般的に普及している犬や猫であれば、ある程度起こる問題について予想できるでしょう。

 

しかし、ヘビやクモなど特殊な動物を飼う場合には特別な配慮が必要になるかもしれません。

 

どのようなペットを飼っていても脱走は飼い主にとって悲しいことですが、ヘビやクモなどのペットが脱走した場合、同じマンションに住む人にとっても不安の一因になります。

 

そのほかに犬であっても多数飼育することで起こる、臭いの問題や騒音問題も気をつけましょう。

 

ペット可のマンションを探す際に悩んだときは、契約書にも飼えるペットの種類などが記載されているので、きちんと確認することをおすすめします。

 

ペット可物件の注意点とは?


マンションを借りてから、飼っているペットが不可といわれると困りますよね。

 

ペット可としているマンションであっても飼える動物の種類を限定している場合があります。

 

たとえば小型犬までという場合もありますし、2匹までということもあるでしょう。

 

そのほかには、敷金を高く見積もっているマンションが多いです。

 

それは、動物を飼ううえで柱にキズが付いたり、臭いが付くこともあるので退去後はリフォームをすることがほとんどだからです。

 

この敷金の割増金額は、飼わない場合の敷金から追加で1か月分ということが多いです。

 

また、ペット可の物件はこれまで生活されてきた方もペットを飼っている可能性が高いです。

 

後々のトラブルにならないようにマンション内にキズがあるところや気になるところがないか十分にチェックしましょう。

 

まとめ


いかがでしたか?

 

ペット可の物件でも、物件にとって飼える動物の種類は異なるので、契約書をしっかり確認しましょう。

 

引っ越し先のペット可物件も、後のトラブルにならないように、最初でキズなどの気になるところを確認する必要があります。

 

後悔のないよう、注意深くペット可物件を探しましょう。

 

私たち株式会社ティーハウスでは、わんちゃんやねこちゃんと一緒に過ごせるペット可物件をご紹介しております。

 

ペット可の物件をお探しの方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|一戸建ての湿気対策はこれからの時期知っておきたい!   記事一覧   住宅ローンで住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法とは|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

T.TAKAYUKI 最新記事



トップへ戻る