株式会社ティーハウス > (株)ティーハウスのブログ記事一覧 > 結婚は物件購入に最適のタイミング?メリットデメリットをご紹介

結婚は物件購入に最適のタイミング?メリットデメリットをご紹介

≪ 前へ|住宅ローンは金利も種類もさまざま!初心者にもわかる選び方とは?   記事一覧   住宅ローンの事前審査と本審査に通るための審査基準とは?|次へ ≫
カテゴリ:エリア情報

「結婚を機にマイホームを購入したい」とお考えの方もいるでしょう。

 

結婚のタイミングで物件購入に踏み切るのはよくあることですが、その一方で何があるか分からないから早い時期に購入するのはためらわれるという方も少なくありません。

 

そこで今回は、物件購入を検討している婚約中のカップル及び新婚夫婦へ向けて、結婚を機にマイホームを購入するメリットとデメリットをご紹介します。

 

実際に購入するならマンションと戸建てのどちらが良いのかについても詳しく解説するので、ぜひご一読ください。


結婚を機に物件購入するメリット


結婚後に物件を購入するメリット・デメリット


結婚を機に物件購入するメリットは、住宅ローンの支払いが若いうちに終わることです。

 

たとえば、25歳から30年ローンを組んだとしても、55歳には完済できます。

 

早めにローンを組めば、それだけ早く返済が終わるので、「働き盛りのうちにローンを完済したい」という方には結婚は物件購入の良いタイミングといえるでしょう。

 

もう一つのメリットは、繰り上げ返済がしやすいことです。

 

子どもがいない共働き夫婦に限られますが、結婚してすぐは二人の収入でお金を貯めやすい時期でもあるので、繰り上げ返済がしやすくなります。

 

繰り上げ返済は、ローン開始後すぐに行うほうがメリットは大きいので、子どもが産まれるまでの間だけでも繰り上げ返済ができれば、後々の支払い負担を軽減できるでしょう。

 

結婚してある程度生活の基盤が見えてくると、どの程度の広さがいいのか、場所はどのあたりが良いのかといったことも決めることができます。


結婚を機に物件購入するデメリット


結婚を機に物件購入するデメリットは、想定外のことが起きた場合に対処がしづらいという点です。

 

一般的にマイホームは夫婦の希望、将来的に授かる子どもの人数、会社までの距離や時間など、さまざまなことを考慮して購入します。

 

しかし、「子どもの人数が想定よりも多くて部屋数が足りない」「子どもを通わせたい小学校の学区から外れてしまった」「転勤になった」などという想定外のことが起こるかもしれません。

 

賃貸であればすぐに引っ越せますが、持ち家だと売却する、賃貸に出す、単身赴任するという選択をせざるを得ないため、むずかしいでしょう。


結婚を機に物件購入するならマンション?それとも戸建て?


上記にて結婚を機に物件購入した場合のデメリットをご紹介しましたが、仮に購入した物件がマンションなら、戸建てに比べて想定外のことにも対応しやすいといえます。

 

たとえば賃貸に出す場合、戸建てよりも安い家賃で貸し出せるため、借り手が見つかりやすいという特徴があります。

 

また、マンションを売却する際、近隣マンションを参考にして相場に近い金額で売り出せるので、比較的早く売却ができます。

 

一方、戸建てのメリットは、マンションに比べ資産価値が下がりにくく、資産形成しやすいといった点が挙げられます。

 

マンションと戸建てには、双方にさまざまなメリットデメリットがあるので、結婚後のライフスタイルにあわせて物件購入を検討するのが望ましいといえるでしょう。


まとめ


最適な物件購入のタイミングを判断するのはむずかしく、結婚後のライフスタイルによっても選びたい物件は変わってきます。

 

そのため、自分たちだけの判断で決めず、身内や同僚、上司など、身近なひとたちの体験談を聞いて参考にしましょう。

 

マイホームは大きな買い物です。

 

メリットデメリットを理解し、ふたりの将来設計を明確にしたうえで購入を検討してくださいね。

 

株式会社ティーハウスでは、兵庫県尼崎市の賃貸物件をご紹介しています。

 

新婚さん向けの賃貸物件も取り扱っていますので、結婚後のお住まいをお探しの方はぜひ当社へご相談ください

≪ 前へ|住宅ローンは金利も種類もさまざま!初心者にもわかる選び方とは?   記事一覧   住宅ローンの事前審査と本審査に通るための審査基準とは?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

T.TAKAYUKI 最新記事



トップへ戻る