株式会社ティーハウス > (株)ティーハウスのブログ記事一覧 > 新築一戸建て購入時にかかる費用は?税金や手数料の目安

新築一戸建て購入時にかかる費用は?税金や手数料の目安

≪ 前へ|事前に要確認!中古マンション購入時の仲介手数料とは?    記事一覧   不動産売却前にハウスクリーニングは必要?依頼するならどの箇所が良い?|次へ ≫
カテゴリ:豆知識

新築一戸建てには、物件価格以外に、支払いの必要がある諸費用があります。

 

資金計画に入れておかないと、支払いに困るような金額になるので、しっかり把握しておくことが必要です。

 

今回は、新築一戸建て購入時の、諸費用の目安についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


新築一戸建て購入にかかる諸費用:税金


新築一戸建ての購入費用


新築一戸建てを手に入れるときにかかる諸費用には、まず、以下のような税金があります。

 

登録免許税

登記にかかる税金で、土地の所有権移転登記と、住宅の所有権保存登記、抵当権の設定登記などの申請に対して必要です。

 

不動産取得税

一般的には、軽減措置により課税されないケースがほとんどです。

 

印紙税

契約書に添付する印紙代で、売買契約書、建築請負契約書、金銭消費退社区契約書などへの課税です。

 

消費税

不動産業者や、金融機関などへの手数料には消費税がかかります。

 

贈与税

新築一戸建てを取得する際に、資金の贈与を受けるとかかる税金です。

 

贈与税は、軽減措置などによって、かかる税金の額が異なります。


新築一戸建て購入にかかる諸費用:手数料


新築一戸建てを買うときは、税金以外にも、さまざまな費用が手数料としてかかります。

 

<各業者への報酬>


▼仲介手数料

物件探しを依頼した不動産業者に支払う、いわば成功報酬です。

 

物件の価格によって異なりますが、上限値に関しては、「物件価格×3+6万円」で算出できます。

 

司法書士への報酬

登記の申請代行に対する報酬です。

 

土地家屋調査士への報酬

表題登記の調査や図面作成などへの報酬です。

 

<住宅ローン関係>


▼保証料

住宅ローンの返済が滞った際の支払いを、一時的に保証会社にしてもらうための代金で、金融機関によって金額や支払いの目安が異なります。

 

事務手数料

金融機関や保証会社などに支払う報酬になります。

 

適合証明書交付手数料

フラット35の申し込みに必要な、適合証明書の交付手数料です。

 

団体信用生命保険料

契約者の死亡などといった、万が一のケースにおいて、借入金の支払いが免除される生命保険の保険料です。

 

保険料は金融機関が負担しますが、はじめから金利に上乗せされている場合が多いです。

 

火災保険料

住宅ローンの借り入れの際、加入を条件とする金融機関の多い保険料です。

 

地震保険は任意保険となっており、火災保険に付随する保険になります。

 

課税証明書の取得費

借り入れ申し込み時に、提出が必要な書面の取得費です。


まとめ


新築一戸建ての購入には、さまざまな費用がかかり、合計金額は意外と大きくなります。

 

上記でご紹介した以外にも、各種書面の取得費や清算金など、こまごまとした支払いが必要です。

 

主に、現金で支払うケースが多いので、あらかじめ必要な金額の目安を確認しておいてくださいね。

 

私たち株式会社ティーハウスでは、賃貸物件から売買物件までを多数取り扱っております。

 

なにかお困りでしたら、お気軽に当社までお問い合わせください!

≪ 前へ|事前に要確認!中古マンション購入時の仲介手数料とは?    記事一覧   不動産売却前にハウスクリーニングは必要?依頼するならどの箇所が良い?|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

TeramotoTakayuki 最新記事



TeramotoTakayuki

お客様にとって安心して楽しいお部屋探しができるようにお手伝い致します。言いにくい事や不安など小さな事から大きな事まで親身になってご対応致します。安心安全な不動産取引をお約束します。

スタッフ情報を見る

トップへ戻る